独立行政法人 製品評価技術基盤機構
人間特性データベース
製品安全センター
HOME > 人間特性データベーストップ > 基本動態計測手法の開発 > JAVAが動かない場合の対処方法


JAVAアプレットが動かない場合の対処方法



●JAVAアプレットが動かない場合は、以下の原因が考えられます。


・JAVAプラグインがインストールされていない  ※Javaプラグイン:JAVAプログラムを動かすためのプログラム
・ブラウザの設定で、JAVAアプレットが動かないようになっている

 

 
JAVAプラグイン がインストールされていない
 JAVAプラグインをインストールしないと正常に動作しません。プラグインは、SUN(サン マイクロシステムズ)のサイトからダウンロードすることができます。

●サン マイクロシステムズ
  http://www.java.com/ja/


インストール方法

  • 上記URLのSunサイトから「今すぐ入手」ダウンロードアイコンを選択すると最新バージョンの Javaソフトウェアをシステムに自動インストールできます。
    【注意】
    Microsoft Windows 2000 及び XP に Java プラグインをインストールするには、「Administrator」等の管理者アクセス権が必要となります。
  • インストールやプラグインについて疑問は、SUNサイトのヘルプ及びFAQを参照して下さい。

アンイストール方法
  • Windowsスタートメニューから、スタート→設定→コントロールパネル→アプリケーションの追加と削除を選択
  • インストールと削除の中にある「Java2 Runtime Environment…」を選択
  • 「追加と削除」をクリックとすれば、プラグインはアンイストールされます。


●ブラウザの設定で、JAVAアプレットが動かないようになっている場合


 ブラウザのセキュリティ設定で、JAVAアプレットの動作を禁止している場合があります。ブラウザの設定で「JAVAの動作」を有効にしてください。


【Internet Explorerの場合】
メニューバーから[表示(V)]→[インターネットオプション(O)]
[セキュリティー]を「中(安全)」に設定してください。

【比較的新しいバージョンのInternetExlorerの場合】
メニューバーから[ツール(T)]→[インターネットオプション(O)]→[セキュリティー]
[インターネット]の[レベルのカスタマイズ]で「スクリプトの"JAVAアプレット"を有効」「Microsoft VMの"Javaの許可"」に設定してください。

【Netscape 4.xの場合】
メニューバーから[編集(E)]→[設定(E)]
[詳細]の[Javaを有効にする(J)]と[JavaScriptを有効にする(R)]にチェックをつけます。



*大学等の共用PCではセキュリティの関係で、「セキュリティレベル」が厳しく設定されている場合があります。
 その場合は勝手に変更せずネットワーク管理者などに相談してください。
* WindowsCE 搭載の InternetExplorer は、JAVAアプレットは動作しません。


* Java およびそのほか Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標です。
* Windowsは米国マイクロソフト社の商標です。




Copyright 2013(C) National Institute of Technology and Evaluation All rights reserved.